2010年06月07日

Mercdes-Benz SK 2638

少し昔の型になりますMercdes-BenzのSK2638です。

DSCN3725.jpg

年代を感じさせるところがあります。でもまだまだ現役で頑張っています。古いですが、NOx.PM適合です。排気ガスは、ヨーロッパの車は昔からキレイだったんです。
posted by 松井 at 21:56| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

休み

DSCN3717.JPG

庭の木々には新緑があざやかな色をしています。
花も奇麗に咲き始めています。

(窓は、木製サッシでペアガラスより一枚多い3重ガラスです。断熱性にプラス気密性が抜群、これからのECOホームには欠かせない建材のひとつになるでしょう。チョット余談でした。)
posted by 松井 at 00:00| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

マルチトレーラー/ステアリングの整備調整

マルチトレーラーの整備項目はいろいろありますが、中でも需要な項目にステアリング機構の整備があります。

長尺のトレーラーが狭い道路をスムーズに走行したり、交差点を曲がる際のステアリング機構の正確さが重大になります。

トラクターとの連動でコーナーを内輪差を少なくスムーズに旋回する安全性に確実が要求されます。

そのため常日頃より点検、整備を行います。




常にベストコンディションでの業務遂行のためぴかぴか(新しい)
posted by 松井 at 22:56| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

81年式 benz 380slc

380slcを検査してます。
1981年式だから故障箇所も少々できてきます。
リアーのブレーキキャリパーが、調子が悪いとの事・・・
戻りが悪いとの報告です。
30年近く前の車ですが、パーツはというと大丈夫です。
ちゃんとあるんです。
キャリパーのリペアーキットでオーバーホールします。
キャリパーアッセンもありますが、オーバーホールのほうが安くつきます。
メンテナンスをきっちりすることで、まだまだ乗れそうです。
メルセデスベンツの車づくりの基本思想が車に乗る人の要求事項を
満足するよう考えられているのがわかります。
『安全・安心』を第一に考えられた・・・・ぴかぴか(新しい)
ハンドルを握るとさらに実感することができます。

DSCN3618.JPG

それから、写真では解りませんがワイパーのアームがくすんでるなと思って掃除してみるとナント磨くたびに光ってくるんです。塗装じゃなくて素材がステンレスだったんです。で仕上がりがピカピカ「顔が映るくらい」になってしまいました。もとがよければ30年でも全然疲労感がありません。でも良いところばっかりでもないんです少しは悪いところもありますね。ワイパーのゴムが弱かったり、ゴム関係とかシール関係なんかメイドinジャパンのほうが優れています。
トータルの安全・安心で言うと個人的には、BMWにBENZが好きです。
posted by 松井 at 22:08| 兵庫 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

「冬のソナタ」 最初から今まで



少し昔の映像です。

ピアノは、カワイなので音は良くありません。引き手が悪いのかも?
調律もしてないので仕方がないかも解りません。

これがスタインウェイ(Steinway&Sone)だとしたらもっと良い音が出るのでしょう。??exclamation&question世界の三大ピアノといわれるくらいだから。

あまり日本では、知られてないかも知れませんがシュタイングレーバーとやらも世界のピアノコンサートで優勝した実績のあるすばらしいピアノもあるらしい。デザインもちょっと変わったグランドもあるようです。(ボディーが透明で透けてるやつとか・・・・)

ピアノじゃなくてやっぱり腕が必要です。何事にも努力が大切です。
posted by 松井 at 00:14| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

再生可能エネルギー全量買取

4月25日(日)に大阪で行われた経済産業省/資源エネルギー庁開催の「再生可能エネルギー全量買取制度のオプション」地域フォーラムに行って来ました。全国で開催されているようなので、太陽光発電また風力発電等に興味のある方は出席されてみてはどうでしょう。
http://www.enecho.meti.go.jp/kaitori/whole.html

太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギーの導入拡大でエネルギー源の多様化、CO2排出量の削減や地球温暖化対策にとどまらず、新たな産業の育成、雇用の創出等いろいろな意味で重要になっています。

昨年の末頃から一般住宅の太陽光発電など余剰電量の買取価格が48円?になったことと補助金が再開されたことにより太陽光発電の販売数がかなりアップしているようですが、「全量買取」により更なる増大を図るべく全量買取制度の作製にあたり広く国民の皆さんの考えを聞きながら制度創りを考えていこうという経済産業省のお考えみたいです。

一般質問などの時間も1時間くらいとってくれていますので、興味のある方は、ぜひ参加してみてはどうでしょう。日程と場所は上記のアドレスでご確認ください。

posted by 松井 at 00:42| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

オープンハウス

「淡路島の家」というタイトルでオープンハウスが4月3日(土)に行われたっていうのをいとこの前田さんに聞いたんですが、パンフを見せてもらったんですが結構いけてるんです。
結構という評価だと設計監理した長坂大先生に怒られちゃうかな?
ベリーグッドです。ぴかぴか(新しい)

本来は田舎の入母屋造り・・・一般的な建築のリフォーム家

でも、普通のリフォームと全然違うんです。
無垢の材木をたくさん使っています。これ木の香りが良いんです。

また斬新さは、建物の躯体を触らず大屋根と下野の間部分は普通は土壁に漆喰なんですが、なんと全面ガラス張りそれも断熱効果を考慮してペアガラスだそうな・・・
人と光・太陽との調和を考え健康に生活できるよう工夫されているのでしょう。

またなんといっても田舎の家には甍がつきものですがこの家も燻し瓦が光ってました。これは今回の大改造の前からみたいですが・・・

この建物、周りの緑の木々と調和して素晴らしく輝いていました。
(パンフレットで見てですが、ぜひとも現物を見てみたいです。)

「淡路島の家」http://whats-new.mega71.com/?eid=1345546
posted by 松井 at 00:44| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

今日は快晴

久しぶりに快晴、あちらこちらでお祭りが行われています。
昨日は、獅子舞なんかもきたりして・・・・
4月中は、各地で春祭りが行われるのでしょう。

天気が良かったので久しぶりに洗車・・・・車(RV)

DSCN3631.JPG


愛犬「シュナ」はレカロシート(RECARO)がお気に入りです。

DSCN3616.JPG
人間工学により創られているので、体に優しく長時間ドライブでも疲れ知らずですが、犬も座って楽なんでしょうか?それはないでしょう。
posted by 松井 at 20:59| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

タイヤ交換

ホンダ・ライフのタイヤを交換してみました。
いつもはトラックの大きなタイヤばかりですので
タイヤチェンジャーを使っての作業になりますが
今日は小さいので手作業です。

一本交換するのに約4分くらいぴかぴか(新しい)
(バランスをとる時間は別です)

posted by 松井 at 23:15| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

中小企業再生

少し前と言うより、かなり前になってしまいましたがアマゾンで買った
本の紹介を今日はしたいと思います。

ぴかぴか(新しい)片岡巧男先生 著    東洋経済新報社 発行

「6日間で学ぶ、中小企業の再生法」と言う書籍です。

ニ代目経営者に奨める「経営革新計画」の作り方 と題してわかりやすく簡単に書かれています。

わたしのところでも、平成18年3月の経営革新計画の承認を取得し
新しい事に取り組み新規顧客の開発等、日々努力しています。

この経営革新計画の承認も以前より南あわじ市商工会(その前の西淡町商工会)において片岡先生に「経営塾」としてご指導いただいてたおかげだと感謝しています。

本の中にも紹介されていますが、アテーナホテルの立石さんをはじめラーメン屋の「天天」の岡さんとか頑張ってる経営者がたくさんおります。
簡単にわかりやすく書かれていますので、皆さんも参考にしてみてください!

また解かりにくいこと質問などあれば、直接片岡先生にメール等で問い合わせても対応していただけると思いますヨ!
勝手に決めてますが大丈夫でしょう?exclamation&question

IMG_0721.JPG

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=6%93%FA%8A%D4%82%C5%8Aw%82%D4%92%86%8F%AC%8A%E9%8B%C6%82%CC%8D%C4%90%B6%96%40&x=16&y=14
posted by 松井 at 21:48| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

クルーザー輸送《動画》

マルショウ運輸では、こんなのも運びます。
船は、海のうえを走る方がカッコイイですね。

船でも色々な問い合わせ案件があります。
作業船、タグボートみたいなものからクルーザーなど色々です。
「55運べる?」とか言われたことがあります。
「55って何なの?」とたずねた事もあります。
長さが55フィートってことだったんです。
これくらいになると幅も4メートル近くになるんじゃないかなと思います。
あまり大きすぎて道を走るのは無理かなと思うようなものもありますが、まずは運べるかどうかの道路調査から、また関係各所の許可申請へと移っていきます。

《動画は参考までに》
  画面中央の三角をクリックしてください。動画が動きます。











posted by 松井 at 22:31| 兵庫 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

「ヒヤリ・ハット!」

当社では、業務の向上と安全意識の向上を目指すための活動として「ヒヤリ・ハット運動」を行っています。
 
日常作業の行動の中で“ヒッヤット”したことや危険な状態に遭遇して“ハット”した体験を報告し合って同じ事をしないよう安全な環境づくりをしようと言うものです。

前置きは、このぐらいで今日の朝8:00頃・・・・
飛行機松山市空港通り
私は市内から空港方面へ少し渋滞気味ですがそれ程でもなく進行中。
逆の市内方面行きは、松山のかただとご存知でしょうが朝は毎日大渋滞です。その渋滞のクルマとクルマの間から道路を横切ろうと突然わたしの車の進行方向前方へ・・・・!!!!!exclamationexclamation&questionexclamation&question
ビックリ!しました。左から車が来てるのが解ったのでバイクは止まってくれましたが。道路の真ん中です。その時はこちらは、もう急ブレーキを踏んでいますが止まれ!と神頼み・・・・
少し手前で止まって一安心です。
この前からT自動車のブレーキシステム(ABS)の改善が行われているようですが、今日はこのABS(アンチロックブレーキシステム)の凄さと怖さの両方を体験した一日でした。
急ブレーキを踏んだんですが、車が真直ぐに止まろうとします。これはABSの良いところですね。でもスピンとかしないように真直ぐ止まろうとタイヤがロックしないようにブレーキを一瞬なりとも解除するのでどうしても制動距離が伸びます。今日は恐ろしいくらい実感しました。
車の取扱説明書にABSは、「制動距離が長くなるおそれがあります」風なことを書いてあるものもあるみたいですがT自動車の方が会見等でおっしゃられてたフィーリングの違いとか運転者の感覚の違いもあるでしょうが、急ブレーキを踏んだ時に“ブレーキがきいていない”と感じるABSの設定は間違いですね。
今日は、事故に至らずによかったです。
今度から、渋滞の合間から出てくるバイクとか歩行者が無いかな?というのに気をつけながら安全運転を心がけたいと思います。
止まってくれたミニバイクのお姉さんもビックリしたでしょうね。ほんとうにスミマセンでした。

「ABS」の良さと怖さを実感した一日でした。
posted by 松井 at 20:50| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

HAULOTTE  OPTIMUM8

電動式シザースリフトの紹介ぴかぴか(新しい)

DSCN3540.jpg

高所作業台 作業台高 5.8M
★CE規格をクリアした優れた安全性
★車両重量 1420Kg  積載重量 230Kg

スタンダードのドアを通過できるスリムボディー。
コンパクトで使いやすいですヨ。
posted by 松井 at 20:14| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

床板修理中

大型低床トラックの床板が傷んでいたので、修繕中です。

大切な荷物を積載する為の荷台ですからいつも綺麗に
しておきたいものです。

IMG_0466.jpg

標準は、アピトン材がよく使われてるようですが
檜材を使ってみました。

原木を板状に製材して長期間の自然乾燥を行います。
施工後の収縮での隙間や曲がりが出ないようにします。

また、板材の表面処理及び防腐対策にキシラデコールを使用します。
これは最近、一般住宅などでも体に優しいということで採用されています。
posted by 松井 at 18:40| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

M6

お休み・・・・

 BMW M6 走りそうな車ですネ車(セダン)


CIMG8164.JPG


CIMG8166.JPG


CIMG8168.JPG



posted by 松井 at 00:23| 兵庫 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

マルチプル・タイタンパー  Multiple Tie Tamper

マルチプルタイタンパー (Multiple Tie Tamper) とは鉄道の保線用機械の一種。
略してMTTまたはマルタイとも呼ばれます。

DSCN2879.jpg

一般の鉄道車両と同様にレール上を自車の車輪で自走できますが、
一般的には車籍のない機械扱いであり、
これを用いて作業を行う時には線路閉鎖が行なわれるようです。

DSCN2892.jpg

列車が安全に走行する為には線路がしっかりしていないといけません。
昔は、殆んどを人力に頼り“つるはし”とタイタンパーと言うもので
膨大な時間をかけて行っていたようです。

DSCN2885.jpg

今は、写真のマルチプル・タイタンパーと呼ばれる機械の登場で正確かつ迅速に保線作業が行われるようになり、始発列車が走る前に線路をベストコンディションに整備され、安全が守られます。

この安全追求の為の最新鋭機械「Multiple Tie Tamper」を安全・確実に輸送しております。

DSCN2875.jpg
posted by 松井 at 20:05| 兵庫 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

BENZ 2640 のミッション故障

メルセデスベンツ2640のミッションの故障です。

3速〜4速への変速時のガリガリ音どんっ(衝撃)
これは、困りました。と普通は考えてしまいます。
普通は中々ベンツのミッションを修理するというと部品があるのかなとか、構造が複雑で修理できるのかなとか考えて一件大変そうですが、
構造も簡単でシンプル、またひとつひとつの部品もしっかりしていて
オーバーホールは簡単です。日本のメーカーのミッションと違って材質を含めた設計がきちんとできているのかな?
そうも言いながらチョット無理をするとシンクロのスプリングが折れちゃったりして、全く故障が無いとはいえませんが思ったより簡単に修理は可能です。
(日産の重トラクターなんか昔いくら作っても壊れるので、イートンフラーのミッションを積んだり、ZFのミッションを積んだりしてたことがありますが、最近のことはわかりません。)

ミッションオイルは200000KMくらい乗れますよといわれますが
わが社では、メーカー推奨の交換時期より早めの交換をしています。(メーターパネルに交換時期が表示されるようになっています。)


CIMG1301.JPG

ばらばらになってしまいました。もうやだ〜(悲しい顔)

CIMG1300.JPG

でも大丈夫ドクターがしっかりしてるから。わーい(嬉しい顔)

CIMG1299.JPG

今度、直ったら大事にしてやってください。ぴかぴか(新しい)

ミッションオイルはMobil を使用。
Mobilube(モービルーブ)GX 80W-A Mercedes-Benz Sheet235.1

わが社では、ミッションオイルに限らず使用油の定期健康診断をおこないます。
トラブルを未然に防ぐ為の「予防保全」むかっ(怒り)
メンテナンスや修理コストの削減、稼動停止時間の短縮等効率アップにつながります。
“今回のように壊れることもありますが・・・”

オイルは機器・機械の血液です。定期健康診断は必要です。
(人も健康第一ですので、年2回の健康診断は欠かさずに受診しています。)


posted by 松井 at 21:46| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

淡路島うずしおマラソン全国大会 第29回

マラソン愛好者が各地から集まってくる
「淡路島うずしおマラソン全国大会」が2月21日(日)に開催されます。
今回で29回目です。
“楽しく走ろう、うず潮の町を”をキャッチフレーズに
 たくさんの参加者の皆さんにより一層満足していただける
 大会を目指しているようです。

page-0001.jpg
http://www.city.minamiawaji.hyogo.jp/index/page/7f517f46e6c557f55eec70ba2df6a958/


マルショウ運輸も協賛しております。
posted by 松井 at 20:29| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

タンクの輸送

超大型のタンクの輸送です。

トラクターはメルセデスベンツ。
トレーラーは、トーヨートレーラー。


Image021.jpg
posted by 松井 at 13:46| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

ポール&伸縮式ブレード輸送架台 トーヨートレーラー

マルショウ運輸のブレード輸送作業風景です。
ポールトレーラー&伸縮式ブレード輸送架台の組み合わせ・・・・・

(港湾内での輸送のため空車時に短くする必要はありませんが、
一般道路等を空車回送するときは、最短に縮めることによって
走行時の安全性を高めます。)








マルショウ運輸のブレード輸送用に開発されたポールトレーラー及び
伸縮式架台です。
トレーラーのステアリング機能にご注目ください。
一般道での走行も可能なようにトラクターの動きに連動してトレーラーのステアリング機能が作動するように設計されております。
また狭小な道路を走行する為に強制的にステアリングをリモートコントロールすることも可能です。

私たちは、これからの風力発電設備のための輸送品質の向上と安全かつ
確実な輸送を顧客の皆様にご提案できるようハード(車両及び機材)の
開発とソフト(オペレータをはじめとする人財育成)の充実に努力しております。

2010年度は、トレーラーメーカー設計者またウィンドファーム開発者等の考案・連携により新規開発車両及び機材の導入予定です。
興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。
 
マルショウ運輸 松井  E-mail: matsui@marusho-logis.com


posted by 松井 at 22:11| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。