2015年11月13日

小型風力発電 CF20

FIT(再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法)が2012年7月1日からスタートしてから急激に普及した太陽光発電ですが、系統への連系の難しさから一部地域では普及に足ふみ状態になっているのが現状です。太陽光は、簡単に施工設置できるためふえましたがエネルギーのバランスを考えるとこれだけでは今後の再生可能エネルギーの普及を期待することが不可能です。ベストミックスを考えていかなければなりません。太陽光発電だけに頼るのではなく、水力発電、風力発電、地熱発電、バイオマス発電とそれぞれの利点を生かしつつ全体のエネルギーバランスをとることで電力全体の再生可能エネルギー割合を増やす必要があります。今日は、その一部ですが小型風力発電機を紹介します。

IMG_0208.JPG

CF20  C&F Green Energy社ClassNK(日本海事協会)の型式認証機
特徴:風向にリアルタイムに自動追従 (Yaw Actuater,Wind Vane Cap Anemometer)
   風速に対して翼の仰角制御でクラス最高の出力性能 (Blade Pitch Control)
   自立式油圧シリンダーにより驚くほど容易な設置工事とメンテナンス作業
   専門チームによる24時間365日の監視体制 (Controller/gsm)

IMG_0201.JPG
メンテナンス時はタワーを倒すことにより容易に!
IMG_0200.JPG
20メーターのタワー高さ
IMG_0229.JPG

小学校の校庭に設置された風力発電機
IMG_0236.JPG




posted by 松井 at 00:19| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。