2013年11月26日

鳴門大麻太陽光発電所 Q.CELLS

徳島県鳴門市 大麻山頂の太陽光発電所 建設中です。
晴れていれば景色は最高です。晴れ南あわじの風力発電所もすぐそばにみえます。
鳴門Qセル2.JPG
本来ならば、ソーラーフロンティアのモジュール採用ですが訳あり(お客様の要望)で
モジュールは、QセルズのQ−PROG3 250Wを1000枚強 約250キロワットの
発電所です。
鳴門Qセル1.JPG
Qセルズは一時、世界のトップだけあって製品の品質と発電量はMADE IN JAPANの結晶系モジュールには
まねのできないところがあるようです。特に発電能力は抜群のようです。世界トップだった理由が設置してみればわかります。次にトップの座を取ったのがMADE IN CHINA のS社ですがこれは中身でなく価格の安さで
シェアーを伸ばしたところに自分で自分の首を絞めたところがあります。品質が良く安ければいいですがかなりの不良品の発生と発電量の低さが顕著に表れてきているようです。
日本で、全量買い取り制度(FIT)施行後に太陽光発電所が簡単にできるため急速に増えていますが
本当の発電所として設置されているものがどれだけあるのでしょうか?
価格(kW単価)だけにとらわれて中身の伴ってないものがたくさんあるようです。
Q.CELLS.JPG
設計、機材、資材、施工など。。。

倉庫の中は、モジュールで満杯になってしまいました。どんどんと出荷しても次々にはいってきます。
それだけ太陽光発電は動いているんだナーーーーー。
Qセルズの発電量また品質も最高だけど、
それ以上に品質、発電量で上回るのはやっぱり「ソーラーフロンティア」ですネぴかぴか(新しい)
posted by 松井 at 23:04| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/381247938
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。