2012年05月08日

WINDMILL TRANSPORT 風力発電輸送

24年7月から施行される再生可能エネルギーの全量買い取り制度の買い取り価格も
決定ではないものの金額の発表がありましたが、これからの日本のエネルギー政策を
どういう具合に絵をかくのか?
持続可能で、安全・安心な社会づくりのために政府には早急な対応と判断を望むところでありま。どんっ(衝撃)
原子力発電にとって代われるのか?再生可能エネルギー群(太陽光・風力・水力など)の普及量の大幅な増大を
目指すすところですが、急にはいけませんゆっくりとです。

風力発電建設のロジスティクスという分野で安全・安心をご提供できるよう
トレーラーの開発も日々行われています。
写真はタワー輸送を得意とするトレーラーの一部分です。
これからいろいろなアタッチメント等が加わってきます。

P1040665.JPG

限られた高さの高架下、トンネル内を外径の大きなBOTTOM TOWERの輸送を可能にし
且つ安全にできるよう設計されます。ぴかぴか(新しい)

マルショウ運輸株式会社 WINDMILL TRANSPORT チーム



posted by 松井 at 00:50| 兵庫 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。前職の時は大変お世話になりました。

社長のブログを見て何も変わらずお元気そうで私も嬉しく思います。

マルショウさんに運べないものはないって思うぐらい尊敬してました。

私も運転手を経験して一層感じました。


残念ながら運転手には向かないってコトで、タイヤ業界に戻って出直しです。

またお話しができる機会があれば良いのですが…、ブログの書き込みを楽しんでいきます。

益々の繁栄を松山から祈っています。


乱筆、乱文で申し訳ありません。
Posted by 堀江(山崎)亜樹 at 2012年09月27日 22:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。