2011年11月09日

太陽光発電・モジュールの輸送

マルショウ運輸では、こんなものも輸送しています。
晴れ『太陽電池モジュール』一般に言う太陽光パネルといわれるものです。

一言で太陽電池モジュールといっても、たくさんの種類があります。
大きく分けると・・・
 結晶系⇒シリコン結晶でこしらえたもので、単結晶と多結晶
 アモルファス、結晶薄膜、
トラックに積載しているのが、次世代の太陽電池と呼ばれる『CIS』(ソーラーフロンティア製:SOLER FRONTER)
★主な成分である3元素のC銅(COPPER) Iインジウム(INDIUM) Sセレン(SELENIUM)頭文字をとったもの。
シリコンを使わない為、原料の供給不足等の問題に影響されることなく安定して製品を供給することができます。
 

DSC00926.jpg

勿論、輸送には荷物に優しいエアーサスペンション車が使用されます。
太陽光パネルも、精密機械や精密部品の仲間でデリケートなところがあります。
振動を少なくエアサスで優しく輸送することで、100パーセントの能力を発揮してくれます。
パンチ太陽光パネルさん頑張ってくださいネ!持続可能な社会創りのためにぴかぴか(新しい)


今、淡路島ではサステイナブル(SUSTAINABLE)な社会創りを目指して
いろいろな取り組みがされています。
環境未来島構想もその一つ、エネルギーの自給率を100%以上を目指します。
淡路島には、日本国内でも有数の風力発電設備があります。
北淡町の三菱製600KW機、小さいですが国内では早く建設されました。
南あわじ市にあるプラザホテル(ホテルニュー淡路グループ)所有の三菱重工製2000KW機
これが出来た時は、日本国内最大級・・・・
それを勝る、CEF南あわじウィンドファームのGE社製2500KW機
2.5MWだけでは無く、15基なので37500KWの発電能力があります。

風力発電だけではなく、それ以上の勢いが太陽光発電設備・・・・
 (寒くなってきましたが太陽光発電だけはマダマダ暑いです)

DSC00934.jpg

写真は、南あわじ市八木 太陽光発電設備30KWがもう直ぐ発電開始です。
(ソーラーフロンティア製 SF140-K 215枚設置)
posted by 松井 at 21:35| 兵庫 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
長い間ブログお休みしていたので、心配していました。
マルショウさんのブログ楽しみにしていますので、これからも宜しくお願いします。
特殊車両の保有台数は、ホームページを拝見し、多くもたれているなと思っていたのですが
最近のブログを拝見しますと何でも運べるみたいですね!
流石、未来に伸び行くマルショウさん、社長さんに先見の目があるのかな?
ますますのご活躍期待しております。
トレーラーオペや作業員が不足したときは、是非当社にご一報ください。
Posted by 潟_ビット・エクスプレス at 2011年11月11日 10:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。