2011年02月26日

ソーラーフロンティア 太陽光発電開始

昨年より工事をしていました太陽光発電設備が21日に完成しソーラーフロンティア製(CIS)パネル
1120枚・・・100KW/hの発電設備が稼動開始しています。

パネルは次世代型太陽電池と言われるソーラーフロンティア製、
パワーコンディショナーは明電舎の100kw

太陽光発電は、太陽電池で発電した直流電流をパワーコンディショナーで交流に変換した電力を
自家消費または余った余剰電力を関西電力に買ってもらうと言うもの。
機器のシステム自体は、いたって簡単なものです。

今回の工事は、短い時間の間に沢山の工事関係者のかたにお世話になり
また、パネルメーカーのソーラーフロンティアの皆さん
パワコンの明電舎さんには、本当に短期間で要望する機種の製作を受けていただいたりで
皆さんのご協力に感謝しております。

ソーラーフロンティアのパネルの発電量の実力及び明電舎のパワーコンディショナーのすばらしさは
これから実証できるものと考えております。

【室内壁面モニター】
DSC00380.JPG

今のところ淡路島内では、淡路市のメガソーラーに次ぐ2番目の発電量になります。
(でも、1番をめざしています?)
posted by 松井 at 23:56| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/187949264
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。